キーワード こぎん刺し: planet green

2012年05月04日

「弘前kogin展」行ってきました!

GWも後半ですね。
風邪が完治しないので大人しく過ごしていますが
昨日は弘前kogin展に行って参りました!!!

本当は家族で、渋滞を避けて電車で行く予定でしたが、
山親父は風邪で体調が思わしくなく断念。
なので息子5歳と二人旅ということで
すんごい久々に汽車(奥羽本線)に乗って弘前へ〜。

SN3S1741.JPG

会場のセレクトショップINCLUDESさん入り口は青のkogin仕様に。
駅前で地元じゃなくてもすごくわかりやすい場所です。
財布の中身が思ったよりなくて、
欲しいニットがあったけど断念(つω;`)

SN3S1719.JPG

入り口横の窓辺に色々な作品が。
新作シュシュとか、今までにないkogin作品がありました!

SN3S1724.JPG

こちらも新作で鏡とビーズでモドコを表現。
上下対象の模様をこうして鏡の存在が完成させているんです。
これは行けなかった山親父も「凄い!」「いいね。」と絶賛。

SN3S1728.JPG

のれん状にぶら下がったフリンジビーズのkogin。
デザイナー山端さんが額を揺らし
シャラーンと動かしてくれた時の衝撃と言ったら!
「動くkogin」、この発想凄すぎ。

SN3S1730.JPG

全面koginのシューズも!
さすがグラフィックデザイナーさんだけあって
商品タグなど細かい所もkogin!

SN3S1735.JPG

このTシャツは私のお友達からも画像を見て「欲しい」とコメントが♪
刺したこぎんを裏から見たようにも感じるし
刺したものだけじゃない「kogin」の世界の面白さを感じます。

SN3S1736.JPG

代表作のアクリル kogin。
これはどう刺しているか一番よくわかりますね。
それでいてどの角度からも見る事が出来る!
実物を目にして「おぉ〜!」と声が出てしまいました。

SN3S1738.JPG

ナチュラルガーリーな作品も。
ゴールドの糸にチュールやレース、切りっぱなしのフリル!
でもすご〜く自然に馴染むモドコの存在が素晴らしい〜。

P1120070-1.jpg

最後はデザイナー山端さんとちまき親子の3ショット(´ー`)
kogin cake 2のバッグもお見せすることが出来て良かったです。
もの作りで繋がる縁、これからも広がって行きそうですよ。
こぎんのお話から作品の説明まで、
楽しい時間をありがとうございました!
私もkoginニット帽を購入して早速駅前を歩いてました〜♪

ブログじゃ伝えきれない部分もいっぱいありますが
「行って良かった」その一言ですね。
いちファンとして
山端さんのご活躍をこれからも力強く応援して行きます!
posted by ちまき at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

kogin cake 2バッグ type2

息子の風邪が私にうつり、最後は山親父に感染!
素晴らしいGW前半でございました(;´Д⊂)

でも体調を整えて後半は
弘前kogin展に行きますよ〜!

kogin cake 2 ピンクバージョン.jpg

その弘前kogin展に持って行きたいと
kogin.net主催のグラフィックデザイナー
山端家昌さんデザインの「kogin cake 2」の図案で
またバッグを作りました。
とにかく私はこの図案が好きなんですね〜。

今回は革のワンハンドルショルダータイプで。
いかにも過ぎず、持って歩きたくなるバッグがテーマ。


ワンハンドルショルダー型.jpg

こぎん刺しなら刺した面を強調出来る四角い手提げが一番という事で
最初に作ったのは王道のぺたんこ手提げにしましたが、
2つめは、ラフに持てるのもいいかなーと思いまして。

えぇ勿論、自分でもこりゃ可愛いわって思ってます。自画自賛です!


ピカピカチンツー.jpg

内布はど派手に!
YUWAさんのピカピカチンツーって名前の布なんですが
(このネーミングの意味わかんないw)
kogin cake 2の図案にバラって合う!

上品にまとめつつ、バラと水玉な気持ちで胸いっぱいって感じで
HAPPYさをいっぱいに詰め込めたのではないでしょうか。

さて、大好きな図案はもっともっと楽しみたいと思う私。
次は生成りに白糸で刺したいと決めています!
こういう風に思える図案があるのがこぎん刺しの魅力なんですよね。
皆で大切に受け継いでいく。
現代でもこうして新しいものが産みだされ続けるって
とっても素敵な事。そしてとっても凄い事!

コングレス愛用しています。
刺しやすいし、しっかりしたバッグが作りやすいです。

posted by ちまき at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

こぎん刺しde頭陀袋

GW初日、山親父はお仕事へ。
真栄田声が治らない私はおとなしく自宅に。
(つまらない息子は母に見切りをつけ→ジジババの元へGO!)


弘前kogin展、いよいよ今日からですね!
風邪が治りきらない私ですが、GW中に行くのを楽しみにしています!


こぎん頭陀袋1.jpg

kogin展が楽しみでこぎん再熱という単純な私。
でも自由に何か作りたい!という気持ちが蘇ったのです。
きっちりかっちりじゃなく自由に、思うままに。

で作ったのは頭陀袋。
マルコのカバン風とも言える?
とにかく沢山ものが入る「袋」にしたかったのです。

こぎん頭陀袋2.jpg

赤耳&ライン入りリトアニアリネンの耳はそのまま活かしてます。
ryo+ちゃん先生伝授の布パッチで
こぎんを上手く馴染ませられたかな?
普段持ちには、いかにも過ぎないのが好みなのでね。

入れ口は耳をそのまま残していますが
ちゃんと内布と大型ポケット携帯ポケットなども装備してます。

こぎん頭陀袋B面.jpg

ちなみにこちらがバッグB面。
(若者よ、昔はレコードやカセットでA面B面あったのを知ってるか?)
こちらも布パッチで繋がるようにしています。
「あ、私のバッグの内布と同じのを使ってる〜」と気付く方もいるかな?
あと革をラフに縫いつけ、カシメで留めた持ち手も付けてます。

意外にカシュクールワンピにも合うね。
今回、作る楽しみという原点の勢いを久々味わった気がします。
そして次回もこぎんバッグupの予定です。

もうvol.2が出るのか。
vol.1は3日前に買ったばかりだったのに(遅
posted by ちまき at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

「弘前kogin展」楽しみです!

大型連休まで、あとちょっと!
北国では桜の開花が遅れているので
ちょうどGWあたりにお花見が出来るかな。

今日は久々こぎん刺し。
麻ひもバッグ編みばかりでしばらく休んでいましたが
連休中に開催される「弘前kogin展」が楽しみで再開!

イベント詳細はこちら↓↓↓

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

「弘前kogin展」

日時:2012年4月28日(土)〜5月5日(土)
時間:11:00〜20:00
入場料:無 料
場所:青森県弘前市駅前町17-12鶴谷ビル1F INCLUDES
アクセス:JR弘前駅・高速バス・弘南バス乗り場から徒歩2分。駐車場有。

弘前kogin展 公式サイト→☆
kogin blog →☆

こぎんフレーム作りのワークショップもあるそうです!


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

公式宣伝部長に任命されて張り切ってます(*´ー`*)v

kogin cake2.jpg

ちなみに山端さんの作品のファンになったのは
この「kogin cake2」のデザインがきっかけ。

伝統模様も大好きですが、ちょっと普段には使いにくい、、、
だけどこの図案なら持ち歩きたい!と一目ぼれしたんですね〜。

グラフィックデザインの視点からのこぎん、新鮮です。
しかも山端さんってアラサー男子なのよね。
手芸やクラフトとしての作品も大好きですが
新しい「kogin」の世界はとっても面白い!

そして他県出身の方の活躍も嬉しいですが
やはり青森出身の方が生み出す作品を一番に応援したいのです!

kogin cake2 -2.jpg

で、またまたkogin cake2を刺しました。
アイボリーに白糸で刺すか迷いましたが、今回はピンクで。
まだどう仕立てるかは考え中ですが、やっぱ可愛いです!

こんなに素敵な図案を提供して下さってありがとうございます!

SN3S1171.JPG

他にも麻ひもバッグにパッチしようか等考えつつ、
刺しっぱなしのこぎんもいくつか。
久々にこぎんシリーズの新作も作れたらいいな。
あちこちから刺激を貰えて
ありがとうでいっぱいな気分だよ。

 カラーその1/オリムパス...

 カラーその1/オリムパス...
価格:168円(税込、送料別)


 カラーその2/オリムパス...

 カラーその2/オリムパス...
価格:168円(税込、送料別)

どこでも手に入りやすいオリムパス愛用中。
密かに全色コンプリート(笑
posted by ちまき at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

こぎん刺しお休み中ですが

気分が乗っていれば集中してやるこぎん刺し。
でも他にやる事があれば全然手をつけないこぎん刺し。
刺しっぱなしで形になっていないものも幾つか。。。
春から全然刺してないんですけどね(;´д`)ゞ

こぎんダイアリー

今日はこぎんグッズの紹介をします。

こちらは根強いファンも多くいる「こぎんダイアリー」。
表紙は印刷されたものですが
紙の独特な立体感が本物っぽくてなかなか素敵。
なんと毎年、このダイアリー用にこぎん刺しを作っているのだそうです。

青森県観光物産館アスパムにある「地場セレクト」で販売されています。
・地場セレクトブログ→☆
・こぎんダイアリー紹介記事→☆
他にノート(B5とB6で2色展開)やクリアファイルもあるんですが
ちょっとした贈り物にも使えるし、何より価格がお手頃なので
今まで何冊も買って、あちこちに配っております。
青森観光される方は是非チェックしてみては。
レジ前のラックに立てて売られていますよ。

刺しゅう用生地ベージュ

刺しゅう用生地ベージュ
価格:399円(税込、送料別)

この布の販売を待っていた人って結構いるんじゃないかしら。
コングレスより細かくしなやかですが、こぎん用にも使えますよ。
冒頭に全然刺してないって書いてるのに買いました(笑
たまたま今回は売り切れる前に気付けましたが、
何かいいもの売ってたら私にも教えて欲しいです!!
posted by ちまき at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

動物の図案のこぎん刺し

今日はひなまつりですね。
我が家は未婚のご婦人猫2匹(12歳と11歳)がいるので
母手作りのミニお雛様を飾っております。
し、しかし外はものすごい吹雪だ・・・(汗
3月なのに最高気温がマイナス1℃の真冬日ですよ。

ミニホルダー

今日はハギレに刺したこぎん刺し作品を。
最初はガマ口用にカットしてあった布だったのですが
仕立ての腕がダメダメすぎるので小さな小物入れを作りました。
Dカン付きなので革紐に替えれば首からも下げられますよ。

犬このつらこの糸流れ(弘前こぎん研究所考案)

サイズはカードジャストのミニミニ。
厚手コングレスでこのサイズは私には厳しかったけど何とか形に。

基礎模様は布芸展の本に載っていた
弘前こぎん研究所考案の「犬このつらこの糸流れ」。
ほのぼのした犬の顔がなんとも可愛い図案です。
伝統模様だけじゃなく
オリジナル図案も刺してみるととっても新鮮だしすご〜く可愛い!

でもこういうオリジナル図案を模倣して販売している例もあるとか。
こぎんの古典的な基礎模様は誰でも使って楽しむ事が出来ますが
オリジナル図案は別物です。
勝手に貰って勝手にアレンジして自分のものにしていいものではありません。
こぎんが沢山の人に愛されるのは嬉しいけれど
大事にしなければならない面も沢山あるのだなと、最近は考えるようになりました。

カードケース

これは最近出た新刊を参考に作ったカードケースです。
基礎図案は「猫の足」。
にゃんこの足跡なんでしょうね(*´ー`*)
紺のコングレスに明るい茶色で刺しています。

名刺入れにも

内側はブラックウォッチ柄にして作りました。
折り紙のように折って上から縫う簡単な仕立てにしましたが
やっぱ小物は分厚い縫い代や角が難しい・・・。
こんな短い距離でも何度か縫い直しましたよ(ーωー`;)
そんなんで完成はしましたが、微妙〜〜〜に平行四辺形(ショボン

猫の手

広げると猫の肉球模様が並んでいます♪
他にも猫シリーズは「猫のまなぐ(眼)」と言う図案もあるんですよ。


【送料無料】こぎん刺しの本
わんこのお顔の図案はこの本に載っています。


【送料無料】こぎん刺し図案集165パターン
次に欲しいのはこの本。
こういう図案みっちりな本の良さがやっとわかってきました。
posted by ちまき at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

こぎんパッチシリーズ☆風呂敷風バッグ

今日もこぎんパッチシリーズです。
自分の趣味に走り過ぎ?

こぎんパッチ布バッグ

この前のコースター風のこぎんパッチを
どんなバッグに合わせたらいいかを考えまして
この風呂敷風布バッグがいいなあと。
ラフに編んだ細ジュートの土台に
シンプルな綿麻の布が素朴でシンプルでいい感じ。

結び方次第で小脇に抱えられるミニショルダーにも
風呂敷風にもなって可愛い形♪
縫う人の技術不足が目立ちますが(つω;`)

竹の節

こぎん刺しは「竹の節」。
これはこぎん刺しの中では数少ない偶数目で出来ている模様です。
ベタ刺しするとテキスタイルっぽくも見えて面白いな。
和風といえばそうだけど、パッと見はそうでもない気も?

今回は作りながら気付いたのですが
超お気に入りのR+1バッグに大きく影響されてまーす♪

技術面の格差には愕然としていますが、私なりの
R+1ブランド トリビュートなんですっ!


☆こぎん図案はこちらの本から。

☆バッグ型紙はこの本から。
posted by ちまき at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

こぎんパッチシリーズ☆ミニマルシェ

前回に続いてこぎん刺しパッチ付きシリーズです。
今回はミニマルシェ型。
麻ひもで昔の素朴なお買い物かごっぽいイメージ。

こぎんパッチ ミニマルシェ

この縦長マルシェ型は好きなのですが、
厚手のパッチを縫い付けるには平面が少なく
張るスペースに限りがあるという事に編みあがってから気付きました。
それもあって端っこにペタンと。
ハギレ使用なので、今回もパッチは長方形ですが
他の形でも可愛いかもなあ。

パッチ

こぎん刺しの基礎模様は「鋸の歯」になるのかな。
本に載っていた刺し図をベタ刺ししました。
ライン的に刺したり
配置を変えると北欧っぽいので人気がある基礎模様みたいですね。
(私は北欧刺繍ってものがわかってないのですが)

今回はピンクの糸でちょっと可愛い狙い(^m^)
なので内布もピンクの小花にしましたよ。
木のボタンは革の細紐で留めます。

ん〜春らしいねっ!


息子が付録の水玉バッグをえらく気に入っております(笑
posted by ちまき at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

こぎんパッチの麻ひもバッグ

今日もお日様が出てなかなかいいお天気!

こぎんパッチの麻ひもバッグ

こぎんパッチ(ツギハギ風)の麻ひもバッグを試作してみました。
スタークロッシェの麻ひもバッグの仕上げ待ちもあるんだけど
これが作りたくなって寄り道していました。

作業時に道具をちょっと入れておけるかごっぽいのが欲しかったので
浅めのミニサイズ。
濃い目の色のザックリ麻ひもでカッチリ編み、
しっかり目の内布もつけてあるので使い勝手は良さそう。

こぎんツギハギ

こぎん刺しはコングレスに黒糸で定番の格子模様。
(赤糸や青糸でマヨネーズ風とも迷ったけど!)
あえて垢抜けたお洒落路線ではなく
ペタっと前面に縫い付けたのがポイントね。
ポケットでもいいんだけど、あくまでツギハギ風なのだ。
それにこうして見ると
いかにも過ぎるこぎん刺しじゃないのも面白いかなあと。
かと言って決して北欧風は狙ってない。
上手く説明出来ませんが。

でも個人的にはすごく好きな雰囲気だなあ。
こぎん刺し向けの布は高価なのでハギレも無駄なく使いたいしね。

何これ?

元はこのハギレパッチを使うつもりだったのです。
細ジュートで編んだパッチも組み合わせて
もっとツギハギ風も考えていたのですが
厚ぼったくなってしまい
小さいバッグには縫い付けがちょっと難しいので路線変更。

ところでこのイマイチなセンスの湯のみは何?
クリックすると一部ファンはニンマリな湯のみなのがわかるよ。
今は興味ないけど、昔は好きで観に行ったものです(懐

110218パッチ第1作.jpg

でもって湯飲みは置いてみましたが
コースターとして仕立てているわけではなかったり。
もう一回り大きいバッグを編んで縫いつけようかと思っています(*´ー`*)
ちなみに模様は「竹の節」。

小さなハギレに小さなこぎん刺しは無理なく出来て楽しい!
青森らしい麻ひもバッグ作りにもっと登場させたいものです。




あけびのカゴも素敵ですね。
内側がソレイアードの布だったりお洒落だわー♪
でも買えないのでカゴ風バッグを作りました(*^m^*)
posted by ちまき at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

「kogin cake2」で手さげバッグ

毎日寒いです。
相変わらず空いた時間はハンドメイドや節約のために何か作ったりしています。

今日はまたこぎん刺し。
去年からずっと刺したかった図案です。

kogin cake2 の図案で

その名も「kogin cake2」!
この図案はkoginさんが作って公開して下さっているとっても素敵なこぎん。
koginさんは津軽こぎん刺しを研究・応用したものづくりをしてらっしゃいます。
グラフィックとしてのこぎんの幾何学模様など魅力いっぱいです。
koginさんのHPは→kogin
ブログは→kogin blog
こぎん刺しのiphoneケースは必見!

このkogin cake2も、基礎模様は崩さずに本当に素敵に構成されています。
こぎんの良さと可愛さが一緒になった素晴らしさと言ったら!
グラフィックデザインの専門学校を出ている私ですが
平面構成をこぎんでやるって難しいんですよね。
イラレでたまにデータ化してみたりしますが、クラクラしてきます。
大切な作品の刺し図公開、ありがとうございます!

こぎんバッグ3姉妹

先日作ったミニミニこぎんバッグも一緒に。
今回はきちんとものを入れて使えるサイズですよ。
最初は額にでも入れて飾るつもりでしたが
あまりに可愛くてバッグに仕立てたくなってしまったの〜。

後姿も

裏は麻ガラの多い素朴な綿麻生地で。
持ち手は革ハギレを切ってちょい長めの絶妙バランスに。
裏は迷って白黒チェックに。
イベントの時にryo+ちゃんから買ったお気に入りのハギレだよ。

あまりに正統派すぎると洋服に合わせにくかったりしても
このkogin cake2だとOKになってしまうんだから素晴らしい☆
まだまだ初めて間もない初心者なので、基礎模様を地道に刺している私ですが
今回素敵な図案を使わせていただき、改めてこぎん刺しの魅力を実感しました。
ちょっと運針の練習中でもあって、目の綺麗さはイマイチなのですが(反省
今度は丁寧にもっと時間を掛けて、額仕立てでも作ってみたいなあ♪

編み物の合間のこぎん刺し活動ですが、地道にこれからも頑張るぞー!
基礎模様は大切にしつつ、魅力的なものが刺せるようになるのが目標です。
でもこぎんから独自の世界で作品を作っている作家さんも大好き。
ヘアゴムを大切に使っています♪


☆私は手軽に手に入るオリムパスのこぎん糸を愛用しています。
posted by ちまき at 11:28| Comment(6) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

こぎん刺しで小物作り

息子が胃腸炎(軽め)に罹り、インフルエンザ疑いもその後ありましたが、インフルは陰性でした。
1月は感染モノが多いから油断出来ませんね。
ちょっとその間、衛生面のためオーダー品製作はお休みさせて頂き
放置していたこぎん刺しをやったりしていました。

こぎんカブトピン

まずは手持ちのボタンでカブトピン。
裏の糸を通す金具の安定が悪かったくるみボタンの再利用でもあります。
もっと色合わせとか考えてすれば雰囲気は違ってくるのですが
思いつき&手持ち材料でもそれなりになったかな。

「和」が強すぎて服に合わないイメージの方もこれならどうでしょう(*´ー`*)
ストールにもバッグにも馴染みやすくなったよ。

撃沈

がま口も作ってみました。
裏は「てこな(蝶々)」の基礎模様を刺しています。
裏布はブラックウォッチだよ。

しか〜し、仕立てる際に裏側ばかり見ていたら、
表にボンドがはみ出していたという初歩的ミス!
7センチ幅の金具ではありますが、分厚いコングレスでは作りにくいね〜。
もう1回やるなら素材も変えてからだな。

でも短時間に刺して仕上げられるものに取り掛かれて
これはこれでとってもいい気分転換になりました。
アクセ系はヒマがあったら完成度を高めるべく、またチャレンジしよっと。


☆図案はこの本の中から。
以前アガリさんにお借りした本ですが、作品数が多くとっても楽しいです。


☆新刊のこの本も、色使いの可愛い作品満載!
基礎模様は伝統的なものですが、北欧風なスタイリングの画像多し。


☆バッグのキット。模様が可愛いので気になってます!
posted by ちまき at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

ミニミニバッグシリーズ2&こぎんver.

今日は朝からすごい吹雪!地吹雪もプラスされて歩いていても視界最悪。
車も殆ど走ってない静かな朝でした。

ミニミニバッグ2

ミニミニバッグシリーズ2です。
リネン糸でスタークロッシェにしたり
コットンと細ジュートの引き揃え糸にビーズ付き糸を合わせたり。
サイズはショップカードや携帯電話サイズです。

内側は花柄

内布は花柄に。
全部違う花柄なのですよ。
アンティークボタン・・というか、家にあった何十年か前のボタンを使ってみたり。

こぎんミニミニバッグ

up機会を失いそうなので、こぎん刺しのミニミニバッグも紹介。
コースターキットの布で、練習用に刺したりほどいたりした布ですが
元々コースターにするつもりもなかったし
いつか何かの形にしようと思ってまして。
そのためにはまず刺さなきゃ始まらないのがこぎん(笑
ちょっとヨレヨレし始めた布に刺し直し。
今回ばかりは間違った目もあるんですが、見なかったことにしています(スミマセン

こちらもカードサイズ

革ハギレの持ち手で、ショップカードサイズだよ。
ちっちゃいし分厚くなる部分もあるからミシン掛けにくかったー。
それでも形になって自分的には満足。
なんかね、指に掛けて持ってみるととっても可愛いの(*^m^*)
シンプルにオーナメントに仕立ててもいいのだけれど
何か入れられるってのがこだわりね(笑

青のは「だんぶり(トンボ)」のモドコがポイント。
赤は「車刺しべた刺し」
どちらも鎌田久子先生の本の刺し図を見てちくちく。

裏は無地です

裏はガラが多い感じのコットンリネン布なので
厚ぼったくなりすぎず、デザイン的にもスッキリ目にはなったかな。
内側もシングルガーゼで軽くしています。
シンプルな仕立てのこぎん刺しが好きなので
また機会があったらサイズ違いも作れたらいいなあ。
万年初心者脱出はいつになるかわかりませんが
長くゆる〜く続けたい趣味の一つです(*´ー`*)

☆車刺しベタ刺しはこの本から。


☆今月発売の新しい本も楽しみ!
posted by ちまき at 10:30| Comment(4) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

こぎんとコラボ

今日の青森は冷たい雨が降っています。
でも息子のお迎えタイムはちょうど晴れ間が♪
愛車(中古三輪車)をガラゴロ押してお迎え出来ました。

今日は青森多肉仲間でもある
アガリさんの作ったこぎん刺しの作品の紹介です!
資材の相談などいつもお世話になってます〜(*´ー`*)

こぎんのストールピン

私が三角ストールのレシピ開発をしていると少し前に話したところ
それに合わせて新作ピンを作ってくれました(嬉
一見鮮やかなローズ混じりの赤なんですが、
こぎん用の布は日本古来の色が基本なので
天然素材にしっくりくるのがいいんだよね。
糸も薄ベージュを合わせていて超大好きな組み合わせ!
リネン混の糸で編んだストールにぴったりでしょ♪

こぎんのクリップピン

こちらは色違いでクリップ付きピンタイプ。
勿論ストールにもばっちりなのですが
こちらはケナフ糸のざっくりバッグに♪
シンプルバッグにこういうのもいいね〜。

可愛い〜

同じピンをモール糸で編んだパイナップル編みバッグに。
これも渋可愛く、ちょっとよそ行きっぽくなっていいね〜♪
ひとつあるだけでこんなに素敵なアクセントになるこぎん刺し。
やっぱり大好きと再確認。

私自身、あんまり刺している時間もないし
いつかそのうちアガリさんとのコラボ作品が増えてくるかも( ̄ー ̄)

アガリさんありがとうございました。
ヘアアクセ共に、大活躍させますね〜(*´ー`*)v

こぎん手提げ

チラ見せですが、今年5月の誕生日に贈ってもらったバッグです。
伝統模様だけど、人気のノルディック柄風なのもいいでしょ。
黒いブーツも買ったしバッチリこのバッグと合わせてお出かけしますよ〜。


弘前こぎん研究所の作品はネットでも買えるのですね。
私も違うタイプのがま口愛用中♪
posted by ちまき at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

こぎん刺しの小物

高価なコングレスをケチケチ使っての小物作り、ぼちぼちやってまーす。

こぎんサニタリーポーチ

サニタリーポーチ。
そんなに何個も必要ないんだけども作りやすいので2個目。
(*ivoryさん作のすっごい素敵なポーチを愛用しているの♪)
さり気なく、豆っコ&花コが並んでいますが、和風っぽさは控えめ。
裏も同じく刺していますが、いかにもこぎんです!って感じでもなく
でもモドコ(模様)は古典的ってのがポイント。
ところで、前回作ってみたポーチは開け方が通常と逆みたいですね・・。
自分じゃどっちでもいいんだけど、今回はきちんと気をつけて作りました。

この基本型から、ティッシュケースとか色々応用出来て面白いのね〜。
適当に製図して実験がてら楽しんでいます。

こぎんバネポーチ

こちらはバネポーチ。10センチ幅のバネ口を使っています。
色合わせがイマイチでした。
でも作る手順などは慣れたので、大きさを変えてこちらも応用していきたいな。


いちごばたけのちいさなおばあさん
赤い美味しいいちごを一生懸命大切に作るちいさなおばあさんのお話です。
大変な作業に、小さい頃は本気で心配しながら読みました。
posted by ちまき at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

こぎん刺しを楽しむ

今日は津軽多肉仲間として仲良くしているアガリさんに頂いたこぎん刺しグッズなどをご紹介します。

アガリさん作こぎんヘアアクセ

くるみボタン、つつみボタンで作ったヘアアクセサリー達です♪
自作シュシュをずっと愛用してきましたが、
最近はもっぱらこちらを愛用しいますよ〜。
あくまで伝統的な模様を大事にしつつ、現代的に使えるものをモットーにお互い時間を見つけて刺しています。
アガリさんどうもありがとうございました。大事に使ってますよ〜。

岩木かちゃらず会

こちらはアガリさんが岩木かちゃらず会の展示を見に行った際に、お土産に買って来てくれたリンゴさん。
これまた麻の混じった伝統的な生地に、ポップな色合いで可愛いの。
他にも総刺しのバッグなど素晴らしい大作が沢山あったそうです。
でもこぎん刺しをもっと皆さんに親しんで欲しいという会の方々の気持ちで、価格がかなり抑え目なんだそうです!

そして今日はテレビを見ていたら、近所にあるらしいこぎん製作所が出ていました。これにはビックリ!全然知らなかったから。
そのうち見学に是非行きたいな〜。
刺していらっしゃる年配の女性は、長年刺し、布を押さえ、力を込め続けて曲がった指先が素晴らしく美しい道具のようでした。

伝統を守って長年製作活動を続けるのは大変だと思いますが、私も津軽人として、いずれ「こぎんの上手なばっちゃ」目指してのんびり続けて行くよ。
必要なのは、根気。
小さなものならきっと大抵の人はすぐに上手に刺せるけれど、完成まで半年も掛ける作品もある世界へまで行ける人は限られるものね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

はぎれを使って

私もハギレを使ってくるみボタンを作ったりも。
実は2月のイベントにヘアアクセを出そうかなって思ったりもしたんだけど
そこまで完成したものが作れなかった・・。
ま、今年に入ってから刺し始めた初心者なんで、まだまだですね。
いつか自信が付いたら、こぎんを取り入れたものも作れたらいいなあ。

サニタリーケースのボタンに

今回はサニタリーケースを作ってそのボタンに利用しました。
ボタンを使うためにサニタリーケースを作ったような気もするけど(笑
エンジの革紐にも合っていて、いかにも過ぎない感じですよ。

そして母のロックミシンの部品も見つかったそうでひと安心♪
せっかくだから40年目を目指してお付き合いしたいな。
母がいないと不調になっても直せないのが問題ですが(^m^)
最近は息子が昼寝をしたら、ちょこっと縫い物を楽しむ日々です。
勿論、麻ひももちゃんと編んでますよ♪
posted by ちまき at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

こぎんばねポーチ再び

またこぎん用コングレスのハギレを利用したポーチです。
今回はちゃんと最初にハギレサイズから製図をして、そこから刺して作りました。(やはり製図と言っても長方形を書くだけなんですけどw)

新パターンでこぎんポーチ

前回とは違うばねポーチレシピを参考にして作りました。
こっちの方があけ口の仕上がりも綺麗でいいかも♪
モドコ(基っこ=模様)は「さかさこぶ(くつわつなぎ)」で、魔除けの文様なんだそうです。
ハギレを最大限に活用するには刺しやすくていいな。

そして底部分のブラックウォッチはまたまたFromまるはさんの布です♪

こぎんポーチ だんぶり

反対側は「だんぶり(トンボ)+花っこ」の連続模様。
古典模様だけどブラックウォッチにも合ってると思いませんか?
関係ないけど、撮影後にばね口金が逆さまなのに気付き、慌ててねじを抜いて直しました(笑
毎度何かしらうっかりやってる自分です(;´д`)ゞ

これはは縦10センチ弱横13センチのコングレスをベースにして、幅10センチのばね口用に製図しています。コングレスの縦の長さはもっと短くてもOKだし、ハギレ活用にはなかなか便利な製図になったみたい(*´ー`*)v

これでまたしばらく、こぎんカテゴリはお休みになります(笑


キルティング綿麻キャンバス生地動物や野菜などがアルファベットにいっぱい!かくれんぼしてる楽...

中断していた入園準備品もまた再開しましょう〜。
可愛い布でお気に入りです。
息子も色々な絵を探して楽しんでるから良かったよ。
posted by ちまき at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

イメージはキャベツ畑の蝶々

こぎんバッグをまた作りました。前回より大きいぺたんこバッグ型です。
いつものこぎん用のコングレスじゃない、ちょっと安いコットンの刺繍布を使ったのですが、ハリがない、伸縮が大きい、目が粗いってのは刺しにくかったです。
難しい生地に刺すのも練習だと最初は思いましたが、素直に専用の布に刺した方がいいってことを痛感!

畑のてこな

オフホワイトの生地に、ペールグリーンのこぎん糸で「てこな(蝶々)」と豆っ子がたくさん並んだデザインです。
てこな続きなのは、ちょうどいい図案がこればっかりだから(;´д`)ゞ
目を数えて配置まで考えてたら刺す時間が減る初心者なもので(笑

本当ならもうちょっと図案は左右に何目か多く刺すのですが、布が粗いのもあって端っこまで刺し切れませんでした。
少し大きめに裁断したのにな〜。初めての布は慎重に、面倒でもちゃんと目を合わせた方がいいと学習。
下だけちょっと刺している様に見えますが、裏にも同じように刺してあります。仕立てる前にはそれなりのサイズなのに、完成すると刺した部分が少なく見えて何か寂しい(笑

今回は直球で

今回は内袋の布も、直球勝負で春らしい綿麻の小花プリントにしましたよ。
青虫色ペールグリーンの糸に、蝶々モチーフ、裏にはお花でちゃんとストーリーになってるでしょ。家庭菜園じゃ青虫がいたら即駆除してますけど・・。
くどい布あわせばかりしていましたが、こういうのも作りますよってことで。

こぎん刺しました

刺したこぎんはこんな感じ。
総刺しで、しかも細かい模様で埋め尽くすタイプは刺し応えはありました。
そういや仕立て前にスキャンしておこうと思ってたのにすっかり忘れてた(笑

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

グリーンフォレストさんでお友達がイベント開催しています♪
明日が最終日で、参加メンバー全員の作品が並びます!
詳しくは→屋根うら屋 vol.2
人気商品の追加製作も!春の植物も一緒にいかがですか?

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・
posted by ちまき at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

こぎん刺し活用。

親子共々風邪を引きました。久々に微熱が出て、滅多にない頭痛が!
でも大荒れの天気の中、幼稚園に書類提出などテクテクと。
ありえないくらいの赤ッ面(赤ら顔)で歩いていたんだろうな、私。

今日は、こぎん刺しと布のコラボのばねポーチ。
練習用でハギレにあまり余白も残さず刺したこぎんを何とか活用しようと、無理矢理感のあるパターンながらも形にしました。
無駄を最小限にすべく、定規片手に製図に少々悩みつつ・・製図と言っても長方形を書くだけなんですけどね〜(^m^)

こぎん刺しのばねポーチ

こんな感じで仕上げました。
赤いコングレスに、ペールグリーンで、りんごのイメージの「くるみの殻べこの足」。
垢抜け感がないようでいて、黒いバッグなんかにぶら下げると意外にしっくり来るんですよ〜。
(あ、これは持ち手を付ける前の画像でした。)
底部分の和風ストライプの生地は、昨年まるはさんにいただいたものです。
こぎんになかなか合うでしょ♪

こぎん刺しばねポーチB面

裏面はホントに余白のないものを活用したので、全面基礎パターンで埋まっています。
これはこれで、アジアっぽくも南米っぽくも見えなくもないかな?
そしてこのポーチは母へのプレゼントに。エコバッグとか入れて下げられるサイズなんで喜んでくれました(*´ー`*)

ばねポーチも、作り方は色々あるんですね。
次はちゃんと大きさを決めてから、こぎんのバランスなど考えますw
手持ちの布の少なさもバレバレだから、少しだけ買い足したいしね♪
さて、UP待ちの(雪雲で撮影出来なかったの)こぎんトートも完成したし、次は入園グッズの製作に取り掛かりまーす。



ほろづき 月になった大きいおばあちゃん 沢田としき

NHKのてれび絵本で知りました。
青森の作家さんの絵本です。
見たことのある青森の景色が出てきて、亡くなった母方のおばあちゃんにとっても会いたくなるお話だったので、息子には少し早いけど買って読みたいと思います。

posted by ちまき at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

こぎんのミニトートバッグ

このミニトートでしばらくこぎんカテゴリはお休み(笑
今は少し大きめのものを刺しているのですが、完成はまだまだなので。

ミニトート

実用度はかなり低めのミニサイズ。
小さくて余り時間も掛からず刺せましたが、総刺しは見映えする気がします。
これは「てこな(蝶々)」の連続模様。
好きな模様だってのも勿論ですが、
この単純作業をこなすことで、手が慣れて行くだろうと信じてるのだ。

ミニトート配色

内布はちょっとひねった配色にしたのがこだわり。
こういう色あわせは楽しいな〜。
シビラの服の裏地の配色とか好きでした。
次も白地にパステルで刺しているのでどんな裏地にしようかな。
なんて、刺しおわる前から考えてもしょうがないか(笑

今はまた麻ひも編みを再開して、試作品や息子用のものなど作っている最中です。
量産出来ない分、試作ばかりになるとオソロシイのですが
これだ!っていうものが作れるよう頑張るぞー☆


シャボン玉せっけんハミガキ 140g【シャボン玉石けん】 ★合計3150円以上で送料無料★
石けんハミガキを使い始めました。
味がちょっと不安だったのですが、爽やかミントで良かったよ!
口の粘膜への刺激も少なくって快適です。


posted by ちまき at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

新カテゴリ こぎん刺し

こぎん刺しのカテゴリを作りました。
でもこぎんはメインでやるのではなく、合間に楽しむ感じでやっていきます。
地道に古典模様を刺し続け腕を上げ、数年後には胸を張って「こぎん刺しをやってるんです。」と言いたいんです〜。
石けんと同じで、最初のいくつかを作るとそれなりに見えるようにはなるのですが、熟練の方々の大作を拝見すればまだまだほんの入り口なんだよな〜と当たり前だけど痛感。もっと上手になりたいな。

こぎん巾着A面

手始めは巾着袋。
これは元々はフェリシモのこぎん刺しキットなのですが、付いていた図案は“こぎん風”で、現代的な可愛いアレンジですが、思い描いていたのとは違うので、伝統模様に替えて刺しました。
てこな(蝶々)、流れ、豆っこなど組み合わせている模様で、初版が昭和48年(ワタクシとタメでござんす)のこぎん刺しの本を見て、ほんの少しだけアレンジして刺しました。
規則的な模様なので、こういうのはとても刺し易いです。

こぎん巾着B面

裏面もその本に載っていた図案から刺しました。
こちらは最初の数段は模様が見えてこないのでちょっと刺しにくかったな。
ある程度進むとコントラストが綺麗なのでなかなか楽しかったよ。

しかしコングレス(表地)を縫うのはなかなか大変でした。
縫い代が重なるとかなり厚くなるしね。
母の職業用ミシンを使っているからいいけど、私が買った安いミシンじゃ止まってたかも(汗
久々の布小物がコレでいいミシンのリハビリになった気もしますが(^m^)
もう一つ小物は完成しているのですが、それはまた今度〜。


コットンコングレス 50センチ単位 20%OFF 1092円


オリムパスこぎん糸4番 20%OFF 168円
Az-net手芸

posted by ちまき at 14:03| Comment(4) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする