キーワード 手順が逆なバッグ: 編んだバッグ屋planetgreen

2010年04月18日

手順が逆なバッグ

息子の幼稚園が始まって約1週間。
早速、下痢症状の強い風邪を貰ってきましたよ〜。
色んな免疫をつけて強くなっていっておくれ。

久々自分用

このバッグについている内袋は、本当は違うバッグに作ったけれどサイズを間違ってしまったもの。
今回は、その内袋に合わせて本体を編むという
いつもと逆の手順でちょっと難儀しました。
ある程度の予測はついてもいざ編み進めると微妙にフィットしなかったりでしたが、2個目でピッタリに編めたので、ひと安心。
肩掛けOKで、A4の雑誌が縦にちょいはみ出るサイズ、底マチも広めなのでなかなか使い勝手は良さそうですよ。
持ち手も随分前に買ったまま出番がなかったものを使いました。合皮だけど無駄に値段の高い持ち手で、販売用にも使いにくかったし、この際このバッグは自分用ってことにしようと思ってます。内袋に汚れも発見したし〜。



Az-net手芸麻手ぬい糸/エスコード/中細
革持ち手などの縫いつけにオススメです。
リネン混のレース糸も強度があるから使ったりしていますよ。

posted by ちまき at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻ひもバッグ・編んだバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
すごくステキなバッグですね。
ネット通販してほしいくらいです。
こういうバッグ、欲しいんですけど
いつも思うのが「汚れたら洗えるのかな」

大丈夫なものですか?
教えてくださーい!
Posted by まき at 2010年04月19日 20:04
> まきさん

こんばんは〜!コメントありがとうございます。
ステキとおっしゃっていただいて嬉しいです♪
イベント以外はマイペース活動していますが
作品がある程度まとまったらカートオープンしてみたいという野望はあるんですよ。
ただ、なかなか数が揃わないのです・・(笑

そして麻ひもバッグが洗えるかについて。
私自身、丸洗いはしたことはありません。
麻ひも自体、染めたりもするので水洗いは可能なのですが
水に濡れると強度が増す性質のため、編んで成形したものを濡らすと、摩擦が強くゴワゴワするでしょうが、麻ひものみで編んだものであれば形を整えて干せば大丈夫だと思われます。
内袋付きや革使い、裂き布で持ち手を編んだものは型崩れの可能性がありますので、丸洗い向きではないですね。
実際、一度も洗わず3年目のバッグもありますが、意外に汚れないんですよ。(←答えになってない)
汚れ対策としては表面をたまに拭くとかもいいのかもしれません。
(この辺は私も今後、意識して使っていこうと思います)
内袋に関しては、引っ張り出して部分洗いは可能ではあるけどやりにくいかなあ。。

と長々書いた割には、確信したお答えが出来ずに申し訳ありません〜。
ごくシンプルなもの以外は、丸洗い不可の市販のバッグ同様、拭き取りが一番安全だろうと思いますよ。
縫い付けているドイリーなどは、洗濯ノリを使って少しでも汚れを付き難くもしています♪

今後ものんびり新しいものを作って行きます。
是非また遊びに来てくださいね〜(*´ー`*)


Posted by ちまき at 2010年04月19日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック