キーワード こぎん刺しを楽しむ: 編んだバッグ屋planetgreen

2010年03月27日

こぎん刺しを楽しむ

今日は津軽多肉仲間として仲良くしているアガリさんに頂いたこぎん刺しグッズなどをご紹介します。

アガリさん作こぎんヘアアクセ

くるみボタン、つつみボタンで作ったヘアアクセサリー達です♪
自作シュシュをずっと愛用してきましたが、
最近はもっぱらこちらを愛用しいますよ〜。
あくまで伝統的な模様を大事にしつつ、現代的に使えるものをモットーにお互い時間を見つけて刺しています。
アガリさんどうもありがとうございました。大事に使ってますよ〜。

岩木かちゃらず会

こちらはアガリさんが岩木かちゃらず会の展示を見に行った際に、お土産に買って来てくれたリンゴさん。
これまた麻の混じった伝統的な生地に、ポップな色合いで可愛いの。
他にも総刺しのバッグなど素晴らしい大作が沢山あったそうです。
でもこぎん刺しをもっと皆さんに親しんで欲しいという会の方々の気持ちで、価格がかなり抑え目なんだそうです!

そして今日はテレビを見ていたら、近所にあるらしいこぎん製作所が出ていました。これにはビックリ!全然知らなかったから。
そのうち見学に是非行きたいな〜。
刺していらっしゃる年配の女性は、長年刺し、布を押さえ、力を込め続けて曲がった指先が素晴らしく美しい道具のようでした。

伝統を守って長年製作活動を続けるのは大変だと思いますが、私も津軽人として、いずれ「こぎんの上手なばっちゃ」目指してのんびり続けて行くよ。
必要なのは、根気。
小さなものならきっと大抵の人はすぐに上手に刺せるけれど、完成まで半年も掛ける作品もある世界へまで行ける人は限られるものね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

はぎれを使って

私もハギレを使ってくるみボタンを作ったりも。
実は2月のイベントにヘアアクセを出そうかなって思ったりもしたんだけど
そこまで完成したものが作れなかった・・。
ま、今年に入ってから刺し始めた初心者なんで、まだまだですね。
いつか自信が付いたら、こぎんを取り入れたものも作れたらいいなあ。

サニタリーケースのボタンに

今回はサニタリーケースを作ってそのボタンに利用しました。
ボタンを使うためにサニタリーケースを作ったような気もするけど(笑
エンジの革紐にも合っていて、いかにも過ぎない感じですよ。

そして母のロックミシンの部品も見つかったそうでひと安心♪
せっかくだから40年目を目指してお付き合いしたいな。
母がいないと不調になっても直せないのが問題ですが(^m^)
最近は息子が昼寝をしたら、ちょこっと縫い物を楽しむ日々です。
勿論、麻ひももちゃんと編んでますよ♪
posted by ちまき at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | こぎん刺し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっちでもそっちでも登場?のアガリですわ(照
ちまきさん作の麻紐バックなど色々プレゼントしてもらってるし、ホンの少しですが、こぎんデビュー記念としてね(^^)
使って頂いてとっても嬉しいです♪
当の本人は髪を切ったので結えないという。。。オチ。。。(汗

テレビは私も見ました〜(嬉
曲がった指先は道具と化していてカメラに写っていてもキラキラ輝いているようでした。
ポリシーであり勲章であり、画面から伝わる作品同様に雰囲気が伝わってきます。とても素敵な方ですね。

ちまきさんのくるみボタンも渋くてカッコイイ〜
作品の一部としてラブリーな雰囲気の中で使っても、壊さず且つ存在感が合って、いいね♪
ミシンの部品も見つかって良かったです。長年大事に使っていれば思いも伝わるのかもしれません(^-^)

Posted by アガリ at 2010年03月28日 20:17
> アガリさん

いただいてから時差があってごめんね。
私も髪は切ったけど、あの長さでも結べるのは死守してもらいました。
新作作ったら、また紹介してね♪

自分で作ったのは糸まで半端を使っているので、いざ利用するには渋すぎて使いにくいってのもあります。
やはりある程度は考えた方が後々いいなあと今更ながら痛感(笑
今回サニタリーケースに使ったものは
白地だと布小物にも合わせやすいし、少し作り貯めて置こうかな。
家紋柄だけども、雰囲気をトータルで見る限りは大丈夫ね。

近所のこぎん製作所、今まで全く知らなかったのが残念だけど
今、こういうタイミングで知ることが出来たのは嬉しかった!

ミシンも買い換えるのは簡単だけど、手放すのは淋しい!
子供の頃から私も借りて、きんちゃくとか作ってたのだし
今は自分の子供のものも縫ってるって凄いなって思います。
死んだ婆サマの服も随分、母が仕立てていたし
4世代のものを作ってるってのもグレイトだよ!
つーか、私の安いミシンはどっか奥深くに片付けられて行方不明だし
動いてもらわなきゃ困っちゃう(*^m^*)
Posted by ちまき at 2010年03月28日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック