キーワード planet green

2009年04月24日

染めた麻ひものその後

前回UPのダイロン染め(アラビアンナイト20分に調整)した麻ひもがバッグになりました。

かごバッグ

こちらはベーシックなかごバッグ風。
普段、本の通りに編む事はないのですがほぼ基本通りに編んでみました。確か糸の使いきり目的で3〜4段ほど多めに編んだくらいです。
あ、でも底の増し目って本の通りのペースでやると、ヘンに膨らんだりしてイヤなので、その辺は偶数段と奇数段でちょっと増し目の位置を規則的に変えて整えました。
中袋を作るといいのかなーとも思いましたが、円ベースデザインの口のでかさを利用して、レジャーバッグ的にどかどか物を突っ込む使いかたがいいのかなーと思ったのでそのままに。
トグルボタンの留め紐が結び目で2段階の長さに出来る点も少しだけ便利な予定です。
参考図書
麻ひもで作るバッグと雑貨

麻ひもバッグ1

こっちはA4サイズが縦にゆとりを持って収納できるショルダーバッグ。
楕円底で収納力も十分で自分的にはやっぱこの形が好きだなあ。横長楕円から作るとまた違う印象だけど、これは割と厚みのある楕円です。

麻ひもバッグ2

こちらは母にプレゼントした小ぶりのバッグ。
エコバッグを突っ込んで出かけるのにちょうどいい感じのサイズ。
入れてはいないけどB5は入るだろう大きさ。
周囲60目前後の小さめバッグもあると結構便利だったりするんですよね。私も去年、自分用に小さめのを余り糸で作りました。

やっぱ麻ひもを編むのは楽しいな。TVを聞きながら手を動かしているといつの間にか出来てるのがいいのです。
・・ってバッグばかりじゃつまんないから次は何にしよう。
でもネットバッグも編みたいんだよなあ。
他にも完成間近のグラニーバッグが2点、嫁入り先は未定〜。
編みたいから編む、それだけですな。
posted by ちまき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻ひもバッグ・編んだバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

やっぱり麻ひもが好き

数ヶ月お休みしていた編み物も徐々に再開しています。
新しいものもあるのですが、昨年末に編んだエコバッグ。

エコバッグ

細めのジュート糸と、100均のツイード毛糸を引き揃えで編んでいるので、荷造り用麻ひもよりもスイスイ編めました。しかも軽い!!
強度もジュート入りなので毛糸でも伸びは全くと言ってないし、エコバッグとしてガンガン使えます。
麻ひも=春夏のイメージが強いかもしれませんが、コートにもよく合うしオススメの編み方です♪
使用糸はこちら

くりくり&まきまき

久々にカセ糸をダイロンで染めたので、巻き取り作業も。
このセットは手作業で糸玉を作ると30分掛かるものが5分以内で終わります。

80年代な箱箱が80年代レトロなのもご愛嬌(笑)可愛いくりくりとまきまきのコンビなのです。
我が家では通称「ガンジーマシーン」なんだけどね。って言ってもピンと来てくれる人は何人いるのかなあ。



くりくりカセくり機

まきまき糸巻き機

ダイロン染め
ちなみに染めた色はこんな感じです。実物はジュートの色も少しわかる部分もあるナチュラルな染め上がりです。染色時間40分のところを半分にして調整しました。
まだ何にするかは未定ですが、ボーダーの配色に使うかネットバッグで夏向けもいいかな〜など妄想して楽しんでおります♪
その前に内布を付けたら完成のグラニーバッグが2つもあるし、一つ一つしっかりこなしていかなきゃね。


藍色はアラビアンナイトを20分の染色時間に調整しました。
posted by ちまき at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 麻ひもバッグ・編んだバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

石けん記録#16〜#18

過去遡り記録その4。

#16 グリーングリーン

#16 グリーングリーン
解禁日2009/3/24

緑茶infキャノーラ、太白ごま油、パーム核油、ラード、パーム油使用。
けん化率90%
オプション:豆乳(水分一部置き換え)、カモミールチンキ、よもぎ粉
※無着香

キャノーラ第二弾。45%配合。
緑茶をミルサーで挽いて漬け込みました。
香りは熟成が終わったら結構飛んでしまったのですが、やっぱキャノーラ気持ちいい♪
泡立ちも軽くて良く、泡切れもいいから浴用にもシャンプーにも使いやすいしサッパリしっとりでこちらもオールシーズン気持ち良さそう。
ちなみにこの「部分的唐草模様」は偶然の産物ですので、この2個だけにしか現れておりませぬ。。また作りたくでも作れないのであった・・。

#17 ぶどうのシャンプーバー

#16 ぶどうのシャンプーバー
解禁日2009/3/31

グレープシードオイル150グラム、オリーブオイル(ラベンダー&ローズマリーインフューズド)80グラム、パーム核油100グラム、パーム油90グラム、ひまし油60グラム、ココアバター20グラム

OP:はちみつ、カモミールチンキ、パプリカパウダー(色)

グレープシードの石けんは前にもラードを配合して作っていたのですが、今度はシャンプー用に動物性油脂をなくして(石けんカス対策)同じ30%の配合で作ってみました。
石けんシミュレーションによるとオレイン酸31.5%、リノール酸22.6%で一体どうなるのか不安もあったんですが、隠れたヒット作かも。
シャンプーは髪がサラッサラになってハリが出ます。髪質によっては好みが分かれそうな気もするけど・・。
でも泡立ちよし、泡切れよし、リノール酸多めの石けんって私は好きなんでこれは夏に使ったら良さそうだなあと感じました。

結構、型出しまで待ったけどやっぱりやわらかめでシリコン使用なのに底部分がまだ柔らかくてボソボソです。

#18 ショコラ珈琲

#18 ショコラ珈琲
解禁日2009/4/7

ハイオレイック紅花油220グラム、ハイオレイックひまわり油120グラム、ラード130グラム、ココナッツ油100グラム、ココアバター30グラム

水分35%全量コーヒー けん化率90%
OP:ハチミツ25グラム、コーヒー豆(ミル挽いて)、ココアパウダー、ローズマリーチンキ

キッチン用や土いじりの後の手洗いにと消臭効果のあるコーヒー石けんを作りました。
ベースは#6紅花ひまわり石けん系なので、泡立ちよくしっとり。
久々の牛乳パック使用でもあります。
posted by ちまき at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石けん記録#11〜#15

過去遡り記録その3。

#11 よもぎアーモンド

#11 よもぎアーモンド
解禁日2009/3/6

オリーブオイル190グラム、米ぬか油120グラム、スイートアーモンドオイル100グラム、ココナッツ油90グラム、パーム油80グラム、未精製シアバター20グラム
水分全量ラベンダー&ローズマリー茶

オプション 杏仁霜(保湿)大さじ2、よもぎパウダー小さじ2、ココア(ライン)
EO:はっか油、マンダリン、ローズウッド、青森ヒバ、プチグレン、イランイラン

サッパリしっとり系でと言えばいいのかな?そしてスイートアーモンドの効果かツルっとした感じになります。
この頃から色々入れ込むのが好きになってきてる気がする。。だけどどれがどんな効果があるのかがわからんという状態(苦笑

#12 豆乳shampoo bar

#12豆乳shampoo bar
解禁日2009/3/11

オリーブオイル235グラム、ごま油40グラム、パーム核85グラム、パーム75グラム、ひまし油45グラム、ココアバター20グラム 計500グラム
水分35%(半量を豆乳)、けん化率88%

OP:ホホバオイル大さじ1、よもぎパウダー少々
EO:はっか油、プチグレン、青森ひば、スイートオレンジ、レモン、ローズウッド

乳系オプションを試したいのと、シャンプー用のレシピの工夫がしたくて作った石けん。デザインなんてどうでも良くって見分けさえ付けばというので、#11で使ったあまりのよもぎパウダーを入れただけなのでコンニャクそっくり(笑
豆乳入りはツルツルになるみたいです。勿論シャンプーに気持ちよかった!
あ、でも洗顔に使うのが一番好きかも(笑
香りも清清しくって気に入っています♪

#13 アボカドbaby soap

13アボカドbaby soap
解禁日2009/3/13

オリーブオイル、未精製アボカド油、パーム核、パーム、ひまし油、シアバター
水分32.5% けん化率88% 
OP:コンフェティ:#2少々 香りなし

大好きなアボカドオイルの入ったベビーソープ。
ホントにマイルドで優しくしっとりして気持ちいいなあ。
髪の毛がしっとりトゥルンとなる感じ。
二人目出産&現在妊婦さんの友達のために作りました。
でも私もお気に入り〜♪

#14 シナモンミルクハニー

#14 ごまミルクハニー
解禁日2009/3/17
オリーブオイル280グラム、 太白ごま油105グラム、パーム核90グラム、パーム油85グラム、ひまし油20グラム、シアバター20グラム
けん化率88% 水分31%(約半量を牛乳にして後入れ)

OP:カナダ産はちみつ35グラム、シナモン(色)
香りなし

しっとりさせたいとハチミツ入れ過ぎ?ちと軟らかめかな。
でもごま油のお蔭で意外に洗った感じはサッパリもしています。
甘いミルクとハチミツにシナモンが香る、美味しそうな石けん。
洗髪時になかなか威力を発揮してるかな。
牛乳を水分半分置き換えにしましたが、泡立ちが細かくもちっとする感じはなかなかいいかも。

#15 カロチーノヨーグルト

#15 カロチーノヨーグルト
解禁日2009/3/18

オリーブオイル240グラム、米ぬか油85グラム、パーム核油75グラム、レッドーパーム油180グラム、ひまし油20グラム
けん化率88%、水分33%(半量をホエイにして後入れ)

OP:カナダ産ハチミツ30グラム、ホホバオイル大さじ1
コンフェティはオリーブとラードの石けん
EO:はっか油、プチグレン、マンダリン、レモン、ローズウッド

ホエイを使いたいのと、大好きなレッドパームたっぷりでしっとりした石けんが作りたくて考えたレシピ。
ホエイは豆乳っぽくツルっとした感じに洗い上がってるようです。
レッドパーム油の香りと合わせたEOが効きそうな感じ。
はちみつもたっぷりでハンドソープにもいいかなーと思っています。
posted by ちまき at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石けん記録#6〜#10

過去遡り記録その2

#6 ひまわり紅花

#6紅花ひまわり石けん
解禁日2009/1/24

ハイオレイック紅花油&ひまわり油、ラード、ココナッツ油、ココアバター使用。
けん化率90% 水分33%
OP:コーングリッツ、ココア

お初の動物性油脂ラードを使った石けん。
泡立ちいい!ココアバターとのコンビでモッチリたっぷり泡立ちます。
この石けんで自分の場合は洗髪時にココアバター入りが合うなと気付きました。スクラブはあんまり効果は感じなかったけど、全身気持ちよく洗えてお風呂で大活躍でした。

#7 アボカドグレープ

#7アボカドグレープ石けん

グレープシードオイル 120グラム
ハイオレイックひまわり油 95グラム
ラード 150グラム
アボカド油 50グラム
ココナッツ油 50グラム
ココアバター 35グラム

けん化率90% 水分33%

OP:杏仁霜、コンフェティはオリーブキャスティール石けん。
EO:レモン、グレープフルーツ、スイートオレンジ、青森ヒバ、レモングラス、ラベンダー

酸化しやすいグレープシードを無謀にも24%配合した私としては実験的なレシピ。
だけどこの石けん、かなりのお気に入りです。
泡立ちしっかりで洗髪は洗ってる最中も乾かした後もとても気持ちよいし、ラード入り石けんっていいなあって強く実感出来ました。

#8 改良オリーブ(4:1)

#8 改良オリーブ石けん

ピュアオリーブオイルとラードを4:1の割合で配合しました。
けん化率85% 水分33% 熟成乾燥期間は6週間。
EO:ラベンダー、プチグレン、マンダリン、ティーツリー、ローズウッド、スイートオレンジ、ベンゾイン

何となく考えたけどたおさんレシピにも同じ4:1のがあったので安心して作る事が出来ました♪
そのままじゃ淋しいので香り付けを頑張りまして、なかなかいい感じになったのが嬉しいです。
確かに使用感も溶け易いオリーブ100%に比べてお風呂でも使いやすくなったし、改良されたなーというのはわかりました。
それよりキャスティールの数倍、作りやすいってのにもビックリよ(笑

#9 カロチンcube

#9 カロチンcube

オリーブオイル、レッドパームオイル、スイートアーモンドオイル、ラード、ココナッツオイル使用。
けん化率90% 水分33%
OP:シアバター、アボカドオイル、コンフェティは#7、#8少量
EO:はっか油、レモン、プチグレン、マンダリン、イランイラン、ローズウッド

ニキビ肌にも良さそうなのを・・と作りました。
レッドパーム油好きだなあ。オレンジ色も可愛いね。30%配合しました。
オールシーズン、この石けんは活躍しそう。

#10 菜の花あずきミルク

#10 菜の花あずきミルク

一番絞りキャノーラ油、ハイオレイックひまわり油、ココナッツ油、パーム油、未精製シアバター使用。
けん化率90%、水分35%
OP:あずき粉、牛乳(大さじ2)
EO:イランイラン、ローズウッド、グレープフルーツ、マンダリン、プチグレン

お初のキャノーラ使用(45%)です。
あずき粉も大さじ2入ってるからか、はっきり言ってとても溶け易いです。
キャスティールよりはマシかなーと考えたんだけど、解禁したてに使ったものは幻だったか?という位、早く無くなりました・・。でも安価で手に入りやすいキャノーラがとっても気持ちいいのもわかりました!
工夫して今後もキャノーラは活用していきたいと思いましたよ。
posted by ちまき at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石けん記録#1〜#5

自分のためのまとめ記事で、初バッチの石けんから過去に遡って記録。

#1オリーブ石けん

#1オリーブ石けん しっとりタイプ
仕込み日2008/11/14 解禁日 2008/12/26

ピュアオリーブオイル100% けん化率85%で初バッチ。
やはり型出しタイミングとか待ちきれずに見た目は下手くそです。
11月の寒い時期で、ソーダ灰もたっぷり。トレースが出るまで36時間!
だけどしっとり感の素晴らしさはやっぱり忘れられないな。
何個か残してじっくり寝かせながら使用感がどうなるかも見てみようと思っています。

#2 レッドパームマルセイユ

#2 マルセイユ石けん(レッドパーム油使用、カモミール茶仕込み)
解禁日2008/12/16

前田京子さんのレシピの特製マルセイユを元に作りました。
ベーシックにいい石けんってのがよくわかります。
こちらもストックを少量残しているので、半年位寝かせてまた使ってみようと思います。

#3 ココアマーブル

#3 ココアマーブル
解禁日2008/12/27

初のオリジナルレシピ。
米油とひまし油を入れて、スッキリ感のあるシャンプー用に。
溶け易いのが欠点だけど、髪はサラサラに洗いあがりました。
ついでに初のマーブル。ケーキと違ってタネが重くてゆるいため、波紋のようになってしまいましたが、これはこれで面白いかな。

#4胡麻アボカド

#4 ごまアボカド
解禁日2009/1/6

太白ごま油メインで、オリーブ油、アボカド油、ココナッツ油、パーム油、シアバター使用。
EO:ラベンダー、スイートオレンジ、青森ヒバ
OP:パプリカ、水分全量カモミール茶

この使用感は未だにかなり上位で好きだなあ。
ごま油のさっぱりとアボカド油のしっとりスベスベがお気に入り。
これも溶け易いので、また改良して似たようなのを作ってみたいです。

#5 米ぬか満月

#5 米ぬか満月

材料:米ぬか油、オリーブ油、ハイオレイックひまわり油、ココナッツ油、パーム油
OP:米ぬか、アボカド油、ターメリック、コンフェティで#2
EO:はっか油、ラベンダー、パチュリ、パルマローザ

米ぬか入りはスベスベになって気持ちいい〜。
けどこの石けんの一番のお気に入りは香りのブレンド。
大人っぽいスッキリとした雰囲気で洗顔時に癒されます。
このタイプの石けんも無くなったらまた作りたいな。
posted by ちまき at 12:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする